新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。

インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。

保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

富山県富山市で人妻と割り切り出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です