妊娠を計画している女性

割り切り出会い愛知県岡崎市
不妊を気にしている方こそ、常日頃の食生活で葉酸などの栄養素を摂るように心掛け、妊娠した時により良い環境で子供を育てていけるといいですよね。

不妊治療をおこなう外来では、妻と夫がそろって葉酸を摂るように推奨するところもあるそうです。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省により、葉酸摂取が推奨されています。

葉酸は胎児の正常な細胞分裂にはたらきかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。

この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、日常的なご飯以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお薦めです。

近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、どちらも不足しがちなものです。

普段の食生活では摂取量が足りません。

ですのでサプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしてください。

サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも売っていますから、葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。

ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、話を切り出しづらくて、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。

料金は1回2800円で安価でしたが、そう簡単には妊娠できず、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、相乗効果なのか、それからしばらくしたら、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。

妊娠と言ったらすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。

なぜかと言うと、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まるといわれているためなんですよね。

言うまでもありませんが、妊活中の女性にかなり、最も重要な栄養素であることはミスありません。

実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。

ですから、妊娠しても問題の無い母体になるのでに、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を心掛けてちょーだい。

妊娠してから専門家による栄養指導を学んだり、母親学級で説明を受けた方も多い事でしょう。

実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。

葉酸をふくむ食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。

あるいは、野菜も代表の一つですね。

食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が調理の際の加熱で大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、摂取するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です