25年齢、お皮膚の放物線に殴り込みしてからの私のスキンケア方法の進化

わたくしは学生時代、割と人肌はキレイな方でした。
思春期特有のにきびやテカりなどはそこそこあったものの、そこまで気になることはなく、スキンケアは適当に低いメークアップ水と乳液と使っていました。
社会人になり、行ない始めてからもまわりの名工から「人肌エレガントですねー」なんて褒められることもあったのですが、共に
「けれども、25年齢過ぎてからはたして肌質は180度陥るよ・・・」と脅されていました・・・(笑)
とはいえ、今まで肌荒れで苦しむこともほとんどなかったわたくしはどうして方法すべきかという迷ってしまい、さくっと25年齢に突入。
性能、名工の予言は命中。25年齢としてようやく肌荒れに悩まされることになってしまいました。
ドライ、毛孔のくすみ、ザラザラ感、おとなにきびなど・・・挙げたらキリがないぐらい。
そしたらスキンケアの修復をするようになりました。

わたくしは組合せ人肌だ。コスメカウンターで人肌の水分かさチェックをしてもらったのがきっかけで判明しました。
そうして「保湿をしっかりして下さい」という申し込みをもらいました。
その申し込みを軸に、良いやり方から短いやり方までスキンケアを色々試してみた性能、徐々に自分に合うスキンケアがわかってきました。

最も、スキンケアは安いものでいいからふんだんに塗り付ける!そうして、季節によって取り扱うやり方って扱うかさを取り換える!わたくしはこれが最良大事だと思っています。
寒い時期は必ず色んなスキンケアによって重めに保湿していらっしゃる。
お風呂から上がったら、意外とブースターとしてホホバオイルを。そのあとにさらっとした集団のメークアップ水をバシャバシャつけます。
先にオイルを付けるため普及力を高め、保湿が物足りないなと受けとるメークアップ水ももっちり行う。
再度、そのあとに重めのとろっとしたメークアップ水をつけます。
メークアップ水を2系統扱う理由は、とろっろした集団は思わず人肌の上で乾燥してしまい、浸透していない体感があったから。
かといってさらっとした集団だけだと寒い時期は物足りないので、2系統使います。
そのあとクリームにオイルを値滴混ぜたもので蓋をします。
クリームだけでもいいのですが、オイルをさっと組み合わせるプラスするだけで保湿技能が格段に変わります!
美液を塗り付ける場合はクリームで蓋をする前にしています。

次に、暑い時期は、最初に拭き取りメークアップ水によって洗浄で落としきれなかった汚れを落とすようにしています。
これも人肌の普及力を上げる効果があります。
そのあとさらっとしたメークアップ水を少しずつ、2回に分けてのほほんと浸透させます。最後は乳液で締め!これだけだ。
暑い時期に寒い時期と同じぐらい保湿してしまうといった、わたくしは人肌の交代ができないみたいでにきびの山積み偶発や皮脂停滞を起こしてしまいました・・・。
悩んだ性能、これくらい軽めのスキンケアに落ち着いていらっしゃる。
ただ、暑い時期も保湿には拘りたいので、メークアップ水は2回つけていらっしゃる。

今はこういう2パターンでついに乗り切っていらっしゃる(笑)
でもホルモン均整にて肌荒れが起こってしまうことはあるので、実際難儀はつきませんが・・・。
私のように、元々肌荒れに悩まなかった方も油断大敵だ。
25年齢をようやく控える方、既に迎えて肌荒れを起こし始めてある方の参考になれば嬉しいです。女性用オススメのシャンプー